BIKE the Way - 癒し系MTB乗りの日記 -

趣味の自転車に纏わるモノやコトについて紹介しています。

【ギザプロダクツ UL-Q3 】スッキリ シンプル 実用的 サイクルスタンド 着けてみた。

前回のタイヤ交換のついでに、ポタリングにはスタンドがあったほうが便利だと思いいサイドスタンドも着けてみました。

製品は【ギザプロダク製 UL-Q3 アジャスタブル サイドスタンド】

f:id:holeshot:20190210002913j:plain

実は以前にもGIANT製のクイック一体式のモノも着けてみたことあるんですが、いかんせん重量が超ヘビーなバイクなため固定力が弱く安定しない為、すぐ壊れちゃったんですよね。(;^ω^)

普通のハードテイルだったら凡用スタンドでも良いのですが、ディスクブレーキ仕様やフルサスの場合、使えないものも多く今回も選択肢は少なかったのですが、これ中々優れものですよ。

お値段も市場価格で2000円前後とお手頃です。

f:id:holeshot:20190210003214j:plain

肝になるのはこのパーツ(アルミ スペーサー)で、リアエンドのドロップ部分にぴったりはまることでガタつきなくスタンドを固定することができます。

今回はフレームのエンド部分の塗装が厚いのか、きつすぎてこのパーツが入らなかったのでパーツをヤスリで少し削ってから取り付けています。

逆に隙間がある場合は付属のイモネジでガタを多少調節ができます。

f:id:holeshot:20190210003557j:plain

簡単な取り付け説明書もついてます。

f:id:holeshot:20190210003818j:plain

取り付けるとこんな感じです。

f:id:holeshot:20190210004822j:plain

凡用スタンドのようにでっかいステーが付かず、ごちゃごちゃしないのでスッキリして見えます。

このバイクでしっかり立てられるので、軽めのバイクなら全く問題ないかと思います。

ただ、マウント部含めアルミパーツが大半なので、体重などバイク以上の重さをかけると曲がってしまう可能性はあります。

あくまでバイクだけを立てるスタンドとして使用しましょう。

あと、スタンド側のネジで角度も多少調整できますし、スタンドの脚のアジャスターをクルクル回せば26~29インチまで対応するので、MTBからクロスバイク、ロードでも使用可能だと思います。

惜しいのは、現在対応しているのが9mmアクスル(5mmクイックシャフト)のみってことですね。

最近は、MTBはもちろん、ロードバイクでもスルーアクスル化が進んでますし、アダプターで10mmや12mmスルーアクスルにも対応していただければ、より使用できるバイクが増えるのですが。。。

 

この辺は、ぜひメーカーさんよろしくお願いいたします。<m(__)m>